Auberge Investment

富裕層も狙えるAuberge Investment

突然ですが、皆さんは「オーベルジュ投資」をご存知でしょうか?近年は、個人の資産の増やしたいという方が投資について勉強されることが増えてきました。ひとことに投資と言ってもその種類は多く、有名な投資を挙げると、株や不動産、投資信託にFX、金などさまざまなものがあります。今回、ご紹介する「オーベルジュ投資」 も数多く存在する投資の種類の一つです。

聞き慣れない方も多いかもしれませんが、「オーベルジュ」は郊外にある、料理がメインの宿泊施設付きレストランのことを言います。シェフがオーナーを勤めることが多く、郊外にあるにも関わらず、食を求めてお客様が来られることも。そんなオーベルジュに投資をすることで長期的にみると堅実にリターンを得られる可能性があります。

理由は、「潜在的な需要が高い」「シェフの質の高い料理」の2つがあります。

一つ目の「潜在的な需要が高い」をみていきましょう。近年、徐々に認知度が上がり、中高年齢層から人気が出ているオーベルジュですが、利用率に関しては、全体の4%に過ぎません。独立行政法人中小企業整備機構によると、今後「ぜひ利用したい」と考えている割合が6%。「どちらかといえば利用したい」と考えている割合が19%。合わせて25%もの割合の人が積極的に利用したいと考えているのです。利用率が4%に対して、利用したい割合が25%ということは、今後、利用されると見込まれるので、潜在的な需要は高いと言えるでしょう。

オーベルジュ 市場調査データ
https://j-net21.smrj.go.jp/startup/research/service/cons-auberge.html

2つ目は「シェフの質が高い料理」です。

オーベルジュは「料理がメインの宿泊施設付きレストラン」です。そのため、料理に自信があるシェフがいて初めて成り立つものです。認知度が上がれば、あとはシェフの腕の見せ所。発信活動に力を入れ、シェフの料理が認知されれば、人気が出始めます。早いタイミングで投資をしていれば、大きなリターンを得られる可能性が高まります。

「潜在的な需要が高い」と「シェフの質が高い料理」の2つの理由から見ても、オーベルジュへの投資は堅実な投資と言えるのではないでしょうか。オーベルジュは、日本ではまだまだ認知度が低く、これから伸びていくカテゴリです。そのため、投資として初めに思い浮かぶものではないかもしれません。この記事を読むことで、オーベルジュを投資の一つの選択肢として検討してみてはいかがでしょうか?投資の幅を広げて、知識の引き出しの一つとしておくことで、投資の成功率はぐんと上がるでしょう。

富裕層オーベルジュ総合研究所では、オーベルジュ投資に関する情報をメンバーに提供しています。
お問い合わせはこちら